2017年 ゼミ・研究会・イベント

  • HOME »
  • 2017年 ゼミ・研究会・イベント

■波戸岡ゼミnew受付中
10月15日(日) & 28日(土)

講師:波戸岡光太  Kota Hatooka(弁護士)

0027 lady-justice-2388500_1920
テーマ:
リーガルマインド養成講座 -たしかな論理力とバランス感覚を磨くための法学入門-

「自分はこう思う」
「あなたの考えも一理あると思う」
「この問題はこうやって解決するべきと思う」
日々のビジネスシーンでは、自分の考え、相手の考え、組織の考えが交錯するなか、何らかの結論を出すことを求められます。取引先との折衝、部署間での協議、上司部下とのやりとり…。皆さんは、どうやって自分の考えを組み立て、どうやって相手の考えを理解し、どうやってあるべき結論を導いていますか?「リーガルマインド」を身に着けておくと、自分や相手の考え方を論理的に整理し、だれもが納得感のある結論を導くときに大変役に立ちます。>>詳しくはこちら

■リーダーシップセミナーin萩new受付中
10月20日(金)~22日(日)

松下村塾集合2 東光寺集合

2015年5月、2016年4月と過去二回、山口県萩市で開催し、松下村塾での上田名誉宮司からの講話、東光寺での座禅会が大変好評でした。2017年は、明治維新150年記念事業として萩市との共催となります。
>プレスリリース
プリント

2016全国大会案内_萩 V1 (昨年の開催内容)

■岡津ゼミ 終了
 7月15日(土)

講師:岡津守男 Morio Okatsu
okatsu

テーマ:
Critical Thinking as a system


思考(thinking) には多くの種類がありますが、クリティカルシンキング(critical thinking) は、2500年の歴史を通して実践、開発されてきた実質を有する、際立って実践的な思考の方法です。 クリティカルシンキングは、合理的思考の代表的なものであり、リベラルアーツと共に西欧文明の知的支柱の1つでもあります。

同時にそれは、文化的、歴史的背景を超えた、極めて現代的かつ常識的なものです。 本ゼミでは何よりも「クリティカルシンキングとは何か」という本質論を中心とします。 日本にクリティカルシンキングが紹介されてから20年以上経過していますが、クリティカルシンキングの正しい概念理解さえ定着していません。 その最大の理由は、効果ばかり追い求め、本質論を回避する傾向にあると考えます。
>>詳しくはこちら
 

■マーケティング実践会 終了
4月23日(日) & 5月27日(土) & 6月24日(土)

ファシリテーター:内藤博之 Hiroyuki Naito
Pathweave-HiroyukiNaito

テーマ:
未来を紡ぐ力を磨く、マーケティング実践会

~自ら目指す未来を描き、実現の道を編む、新たな思考法・スキル獲得・実践機会 ~

マーケティング実践会は、 目指す未来を描き、具現化する新たな思考法や方法を学び、一人一人が未来を紡ぐスタート地点に立つことを目指します。目指す未来とは、企業にとっては、ビジネス成長、個人にとっては、キャリア開発を指します。顧客視点のマーケティング思考を応用しているため、参加者それぞれの立場や動機に合わせて実践できる汎用性の高い内容です。
>>詳しくはこちら

■岩井ゼミ 一部終了
7月22日(土) & 8月20日(日)

講師:岩井睦雄 Mutsuo Iwai
iwai
テーマ:~右脳を拓くビジョン・リーダーシップ~

「経営とは実行し成し遂げる芸術である」(『意志力革命』by ゴシャール)という一節を噛みしめる。一見すると芸術と経営=ビジネスには距離感があるかもしれない。しかし、経営者は法律専門家でもなければエンジニアや研究者でもない。それらの専門集団をある崇高な目的のために総動員して事を成し遂げる者だ。そのためにはマネジメントのためのツールも必要だろうが、それだけでは不十分だ。マネジメントツールとは芸術家におけるその分野の技術(デッサン力だったり、演奏能力)にすぎない。だがどんなに絵がうまくとも、上手にピアノが弾けてもそれだけでは芸術家にはなれない。
>>詳しくはこちら

■オホーツクフィールドワーク
(北海道北見市)終了
6月30日(金)~7月1日(日)

フィールドワーク概要1 フィールドワーク概要2
フィールドワーク概要4フィールドワーク概要3

2016久野塾全国大会@オホーツク V6 (昨年の開催内容)

昨年7月の久野塾全国大会オホーツク北見でのご縁をきっかけに2017年は北海道オホーツク農観連携ビジネス創出推進協議会の取り組みの1つとして、オホーツクフィールドワーク体験ツアーへと発展しました。ダイアログ(対話)を特徴とする久野塾に相応しく、参加者が現地での体験や議論を行ない社会資本に対する理解を深めていく、エクスカーション(体験型の旅)のスタイルです。今回のツアーは協議会としても今後のオホーツクの体験型観光の事業化モデルとする意図もあります。国が人口減少、東京一極集中の克服を目的に掲げる地方創生について当事者として、個を磨き、日本・アジア・世界の発展に貢献することをミッションとする久野塾の実践の場として知の融合、そしてオホーツクの自然と食を楽しみましょう。カーリング体験がメインイベントです。カーリングを通してチームビルディングを学びます。その他、北海道の開拓の歴史や農場見学を通して、日本の歴史、地域産業の知見を深めます。最終日は知床半島を船から遊覧し、世界遺産の自然美に触れることで、リベラルアーツを高めます。

TEL 03-6869-3560 9:30~17:00 平日のみ

年間カレンダー(2015年)
よくある質問
お問い合わせ・各種申込み
Facebook
動画で見る久野塾
PAGETOP
Copyright © 久野塾 All Rights Reserved.