岡津 守男 / Morio Okatsu

 

okatsu

現職:
発明家 2010年航空機に関する特許取得 2011年同発明を アメリカAviation Week and Space Technology誌主催の Innovation Challengeに応募 2012年 同様のコンセプトはマイアミ大学の研究対象となりNASAのグラントを取得する。 その他 2006年に実用新案登録、2005年に「対角線上に両輪を配置した2輪車」の特許申請。久野塾理事。

趣味:
食べ歩き、音楽鑑賞(ジャズ クラシック)、飛行機(乗るのは怖い)、船(泳げない)、自動車(特にフォード・マスタングが好きです)
推薦本:

  • “ New Rules for the New Economy “.(Kevin Kelly著)
  • 「白衣の騎士団」(アーサー・コナン・ドイル著)
  • 「ナザレのイエスは神の子か?」(リー・ストロベル著)

2015年の目標:

  • 自由経済=徳目のシステムというテーマを追求したい

略歴:

慶應義塾大学法学部卒業; 同大学修士課程修了 専攻は国際法: School of Law: University of Washington,でLaw Degree(LLM in Law and Marine Affairs)取得

Research Associate: East-West Center, Honolulu, HI
国連海洋法条約と新しい海洋の世界秩序に関して、主として経済水域、国際海峡の通行権、沿岸国による漁業法の執行の観点から研究。 またパール・ハーバーのアメリカ太平洋軍(CINCPAC)主催のセミナーランチにほぼ毎回参加し海軍の活動の国際法・慣習法上の根拠などについて学ぶ。

Assistant Legal Officer: FAO( 国際連合世界食料農業機構 ) Rome, Italy
沿岸途上国の海洋資源管理に関する政策の立案、漁業法の制定と執行、国際協力のための国連が行うテクニカルサポートとして サウジアラビア、フィジー、ソロモン諸島へのミッショントリップを体験。 特に The Pacific Islands Forum Fisheries Agency(FFA)の漁業水域内における日本のコンプライアンスに関する調査・研究で高評価を受ける。

CEO/President: Star Capital, Inc. Seattle, WA
当初はノンバンク系で専門領域に特化した金融機関のサービスをスモールビジネスに紹介するために会社を設立。 その実績を元に、主にスタートアップ時のベンチャービジネスとベンチャーキャピタルの仲立ちを主要業務とする。 関わった多数のベンチャー案件を通して、イノベーション、ビジネスモデル、テクノロジー市場などに関する洞察を深められたこと、ベンチャーの面白さとリスクを通して自由な経済の素晴らしさを認識できたことが自分にとって最大の成果でした。

Q:久野塾は自分にとってどんな存在か?
ビジネスの世界を通して、この時代の歴史的位置付けを俯瞰できる場所。 質・量共にきわめて高いレベルでのダイアログを経験できるユニークな機会。
Q:久野塾で塾生に期待することは何か?
成功や失敗を過度に意識しないでほしい。むしろ自分が常に新しい人として作りかえられていくことに喜びを感じられる余裕を持って、変化のプロセスを楽しんでほしい。そして何よりもまず観察すること、自分の目的や評価をいったん置いてでも観察に意識を向ける事が大事です。
Q:自分の個人としてのミッション・ビジョンは何か?
ミッション: ブレーク・スルー
ビジョン : イノベーション

TEL 03-6869-3560 9:30~17:00 平日のみ

PAGETOP
Copyright © 久野塾 All Rights Reserved.