アクシス発見スクール Update

  • HOME »
  • アクシス発見スクール Update


こんにちは、
「中高生が自分の人生と、素直に向き合える社会を目指して。」
https://readyfor.jp/projects/hisanojuku
のプロジェクトにおいて、第2講のメインファシリテーターを担当した伊藤です。

2019/6/23(日)に中高生向けアクシス発見スクールの第2講目が予定通り開催され、参加した中高生は合計で11名(1名は体調不良で参加できず、後日に個別フォローを実施しました)。翌週期末試験を控える中、参加してくれた中高生、楽しみで前日眠れなかったと嬉しそうに話してくれた中高生も居て、とても嬉しい瞬間でした。第2講も全国各地から集まり、中高生間での積極的な対話もあり、活気ある第2講となりました。

第2講は「発見!自分の羅針盤素直な本音」をテーマに、「軸(アクシス)」となるキーワードを探す旅。

はじめに自己紹介とこの2か月間の近況をみんなで共有し、自分自身がやりたいことに2か月間多くの時間を費やした話、第1講での気づき「(何か選択をするときに何も考えずに) 自分は、何でもいいは使わない。」を普段の生活で実践した話など、学校では話せなかったこともみんなの前で積極的に共有。

中高生にとってこのスクールが、思ったことを何でも話していい安心できる場になってきたと実感する瞬間でした。

第2講では、心が向く方向・自分の軸となるキーワードに気づくために、 印象に残った過去の体験を振り返りました。そのワークの中で、それぞれの体験が自分自身にとって、どのような意味があったかを振り返ることで、何を大切にしているのか、何に心が動くのかを振り返ることができ、内なる自分と向き合う時間を濃く過ごしました。

また、自分で考えるだけでなく、仲間の力を借りることで、新たな側面から、自分自身への理解が深まるために、ストーリーテリングの手法を用いて軸となるキーワード探しをスタート。

それぞれが一生懸命、自分の人生について話をし、仲間の人生に対して一生懸命考えフィードバックするという、他ではできない貴重な経験をし、軸発見に関わる多くのヒントを得ることが出来ました。

そして第2講の最後には、一人ひとりが会場の前に立ち今日の気づきを一言で表現し、ホワイトボードに記載した後、発表。

無駄なことは一つもないと気づいた。挑み続けることが自分にとってわくわくする。人と違っていいんだ。人の助言を今まで聞こうとしなかったが、これからは聴きたいと思った。・未知なることにわくわくする。等
第2講も中高生にとって大切に時間になったと実感することができました。

【記載された一言】
・挑
・違
・知
・転
・聴
・無無駄
・人
・聴
・感
・未知
・なぜ

また、今回から新たな行動を習慣化する「小さな実験」にチャレンジし始めました。軸発見には実践、行動の習慣化も大変重要な要素になるため自分で毎日やると決めたことに対して、できた・できないを振り返りながら、自分軸に触れる新たな行動を起こしています。 私たちコーチも、中高生と一緒に、小さな実験をスタートし、何歳になっても同じようにチャレンジしていることを伝えています。

ご支援いただいた皆様の声援を励みに、少しでも彼ら彼女らが「自分の人生と、素直に向き合える、軸を発見する」機会を共有していければと思っております。

引き続き、応援いただければ幸いです。

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-6869-3560 9:30~17:00 平日のみ

カレンダー2019
お問い合わせ・各種申込み
Facebook
動画で見る久野塾
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人久野塾 All Rights Reserved.