主体性を高める技術と方法

  • HOME »
  • 主体性を高める技術と方法


久野正人

部下の主体性を高めるにはどうすればよいか?そもそも自分自身は主体的人材と自信を持って言えるのか?企業管理職の最大の悩みです。部下の話を聴くだけでは部下の主体スイッチは入りません。積極的にスイッチを探し、押してみて、試してみる必要があります。では、どのような技術と方法で行えばよいのでしょうか?明日からすぐに実践できるシンプルな技術と方法を学べます。ポイントは思考法に在ります。「考えること」が主体性を促すトリガーです。「考えること」とはそもそもどういうことか、その方法にはどんなものがあるのかについて、まず理解しましょう。そして、それらの思考法を自分の仕事や生き方に活用することが重要です。

内容

①思考がなぜ必要か、重要か
②コンセプチュアル思考(具体と抽象)
③4つの思考サイクル(ビジョン思考、戦略思考、デザイン思考、カイゼン思考)
④ビジョン思考でビジョンを構想する(探索、WHAT&WHY)
⑤戦略思考でビジョンを実現のための設計を練る(深化、HOW)

カレンダー2019
お問い合わせ・各種申込み
Facebook
動画で見る久野塾
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人久野塾 All Rights Reserved.