よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

入塾について

Q:久野塾(東京開催のダイアログ塾とビジョン創造スクール)にはどうしたら入塾できますか?

A:サイトの「お問合せページ」にて「塾見学希望」と記載の上、お送りください。事務局よりセッションへのオブザーバー参加のご案内を差し上げます。必ずオブザーバー参加の上、入塾を決断して頂きます。

Q:久野塾(東京開催の塾とスクール)入塾できるタイミングを教えてください

A:年6回のセッション、講座ですので、初回から参加して頂きます。スタートはビジョン創造スクールが1月、ダイアログ塾が2月です。従って、オブザーバーとして、前年の9月~12月のセッション、講座に参加をお願いします

各塾の違いについて

Q:東京開催のダイアログ塾・ビジョン創造スクールと地方開催塾(札幌、福岡)の違いは何でしょうか?

A-1:ダイアログ塾(東京)は、6年目を迎えた、毎回事前に出されるテーマと課題に基づく塾生個人のプレゼンテーションです。課題に取り組み、発表し、フィードバックを受けることで、個のスキル(論理性、プレゼン、説得力、情熱など)を磨く機会が設けられています。講義形式ではなく、プレゼンテーションとダイアログの形式です。また、テーマに沿った著名なゲストとの対話の時間が毎回設定されています。塾生の期間は1年間でセッションは6回です。翌年以降、毎年塾生資格を継続できます(継続年会費1万円消費税別)。

A-2:ビジョン創造スクール(東京)は、2016年にスタートした新企画です。年6回の講座(5時間/回)を各回2名の講師(アドバイザー)が担当します。自分自身のビジョンを創造するための基礎を一年間かけて学びます。講師がファシリテーションしながら、参加者個人個人がじっくりと考える機会と実践を継続するプロセスを回していきます。

A-3:札幌・福岡は、塾長やアドバイザーに依るセミナー形式(一回毎の参加も可能)です。ダイアログ塾の様なプレゼンの機会はありません。ゲストの招待も毎回行われるものではありません。年4回の開催を予定しています。

ゼミ・研究会について

Q:ゼミ・研究会でどのようなスキルが得られますか?

A:ゼミはアドバイザーが、各々の得意分野・専門分野の実践知を還元する場です。単なる「教科書的」な講義ではなくて、アドバイザーの経験と知識と知恵に基づいて、具体的実例(ケーススタディではなく)を紹介しながら、ダイアログ形式で行います。研究会は一つのテーマをファシリテーターが中心となって研究成果を創造する機会です。ファシリテーターはアドバイザーに限らず、起業家塾生が担当するケースもあります。

TEL 03-6869-3560 9:30~17:00 平日のみ

年間カレンダー(2015年)
よくある質問
お問い合わせ・各種申込み
Facebook
動画で見る久野塾
PAGETOP
Copyright © 久野塾 All Rights Reserved.